子どもと作ろう!ぷるぷる果汁グミ

こんにちは、けいちゃんです。

子どもとおうちでお菓子作りや料理作りをする機会が増えました。

中でも子どもがハマったのは、果汁(100%ジュース)で作るグミ!

ぷるぷるジューシーなグミは見た目も楽しい♬

今回はこのぷるぷる果汁グミのレシピをご紹介します。

ぜひ子供と一緒に作ってみてください。

子どもと作ろう!ぷるぷる果汁グミ【材料・道具】

まずは材料と、必要な道具のご紹介です。

【材料】約1cmの大きさ1色約30個分
  • お好みのジュース(100%)…..100ml
  • グラニュー糖…..大さじ1
  • 粉ゼラチン…..8g
  • 水….大さじ2
  • レモン汁…..小さじ1
  • サラダ油….適量

ジュースは果汁100%のものがおすすめ!

グラニュー糖は、お菓子作りに適した、サラサラしたお砂糖です。

溶けやすくてスッキリした甘さ。

created by Rinker
¥238(2022/11/27 01:51:26時点 楽天市場調べ-詳細)

材料はぜひ子どもに計らせてください。

重さや量の感覚を知る機会です。

子どもと作ろう!ぷるぷる果汁グミ【必要なもの】

【必要な道具】
  • グミの型
  • 小さな器
  • 計量カップ
  • 木ベラ
  • スプーン

グミの型は1cmくらいのものがいいでしょう。

可愛い型がたくさんあるので、お気に入りを子供と一緒に探してみてください♬

シリコン製がおすすめ。

サンクラフト シリコンモールド ブルー SIG-25/お菓子作り/チョコレート

子どもと作ろう!ぷるぷる果汁グミ【作り方】

作り方のステップ

  1. ゼラチンをふやかす
  2. ジュースを火にかける
  3. ジュースにゼラチンを溶かす
  4. 型に入れて冷やす

詳しく解説します♬

⒈ゼラチンをふやかす

小さな器に水大さじ1を入れ、粉ゼラチンを加えて混ぜます。

必ず水の中にゼラチンを入れてください。

ゼラチンに水を入れるとボソボソになってうまくなじみません。

ここでグミの型にうすーく油を塗っておきます。

型からグミをはがれやすくするためです。

⒉ジュースを火にかける

ジュースを鍋に入れ、中火にかけて沸騰したら半分の量になるまで煮詰めます。

冷まして計量カップで計り、ジュースの量が50mlになるまで煮詰めます。

⒊ジュースにゼラチンを溶かす

レモン汁と先ほどのふやかしたゼラチンをジュースの入った鍋に加え、弱火でよーく混ぜながらゼラチンを溶かします。

木ベラで鍋底を混ぜて、完全にゼラチンが溶けるまで火にかけます。

ゼラチンが溶ければグミ液の完成!

⒋型に入れて冷やす

火を止めてグラニュー糖を加え、よく混ぜてグラニュー糖を溶かします。

溶けたら型に流し入れます。

入れすぎるとグミ液がはみ出てしまうので、8〜9分目くらいに入れましょう。

加減を知るいい機会なので、子どもにやらせてあげるといいですね。

はみ出てもママは怒らずに!

子どもには意外と難しいんです。

流し終わったら冷蔵庫で約30分ほど冷やします。

固まったら型を裏返しながら押し出す感じで外します。

きれいな容器に入れて保存します。

ツヤツヤ、ぷるぷるな果汁グミの完成!

とってもジューシーで子どもも大はしゃぎです。

子どもと作ろう!ぷるぷる果汁グミ【まとめ】

これからの暑い時期にぴったりのぷるぷる果汁グミ。

グミって子どもは大好きですよね。

好きなジュースを使って楽しくできるグミ作り、

子どもには『計る』『混ぜる』『流し入れる』作業をさせてあげてください。

計ることは、量や重さの加減をしることができますし、

『混ぜる』は丁寧に混ぜないとこぼれてしまうことが分かります。

私の子供たちは混ぜる時に力の加減が分からず、勢いよすぎてこぼしたり、はねたりしましたが、お菓子や料理を一緒にしていくと、だんだん力の加減が分かるようになりました。

『流し入れる』も量の加減が必要です。

入れるものに対してどのくらいの量を入れればいいのか。

これが子どもには結構難しいのです。

このようにお菓子や料理は頭を使うので、ぜひ子どもと一緒に作ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました